35CoCreation メディア

0.5歩先を行く「経営者・人事」の情報収集サイト

人事評価のアップデート、何から、どうすべき?

当記事は下記に移転いたしました。 人事評価のアップデート、何から、どうすべき? | 35 CoCreation(サンゴ コ・クリエーション)合同会社

テレワークで関心が高まる「つながらない権利」

フランス発、つながらない権利 「つながらない権利」とは、勤務時間外や休日に、仕事のメールや電話に対応することを拒否する“権利”のことをいいます。発祥の地のフランスでは、すでに労働法にも織り込まれています。日本ではつながらない権利の法制化はされ…

出戻り歓迎!アルムナイ制度は機能するの?

アルムナイ制度が注目を浴びる理由 終身雇用制度の崩壊、それは、企業側ではなく雇用者側の決断で転職といった離職が進むことも意味します。欧米のように転職(起業を含む)でキャリアアップを図ることも多くなったため、社内での長期的な人材育成が難しくな…

伝えたいメッセージは、「楽しめ」とか「楽しもう」ではなく、「楽しんだって、いい」ということ

店舗やオフィスの壁をアートで飾る事業を展開している株式会社OVER ALLs。実は、同社が提供しているのはアートの向こうにある価値観や、「『楽しい国、日本』を実現したい」という想いです。そんな会社の代表を勤める赤澤岳人さんに、事業にかける想いの出ど…

ヒトは究極のマイノリティ。一人一人がアーティストだ!

一人一人が自分の可能性を開いていけば、相乗効果で世界は変わっていく。そんなメッセージとともに、さまざまな“越境の場”を提供している株式会社eumo (ユーモ)。 共感資本社会の醸成・実現に向けた様々な取り組み活動を行う同社は、日本ではまだ事例の少な…

元気の素を探して活かす!リーダーの新スタイル

風の時代、ニューノーマル時代において、新しいリーダー像のOSの入れ替えの必要性が叫ばれています。これからの時代のリーダーに求められるスキルや人材育成のスタイルとは…? 今回は、30年にわたるグローバル企業での人事経験を活かし、人材育成・組織開発…

KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから                                        第6回 企業における「ダイバーシティ」のリアル:多様性を増やせばいいってもんじゃない

// 本記事は、KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから第6回企業における「ダイバーシティ」のリアル:多様性を増やせばいいってもんじゃない、より転載を行っております。*1 今日は、あるチーム内で実際に起こったダ…

KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから                                第5回 「人事部」「HR」という呼び名はもう古い?!:組織にヒューマニティを取り戻す新たなミッションと挑戦

// 本記事は、KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから第5回「人事部」「HR」という呼び名はもう古い?!:組織にヒューマニティを取り戻す新たなミッションと挑戦、より転載を行っております。*1 みなさんはHRBPとい…

中堅・ベテラン層のアイデンティティ・クライシスを乗り切らせるには?/後編

当記事は下記に移転いたしました。 中堅・ベテラン層のアイデンティティ・クライシスを乗り切らせるには?/後編 | 35 CoCreation(サンゴ コ・クリエーション)合同会社

中堅・ベテラン層のアイデンティティ・クライシスを乗り切らせるには?/前編

当記事は下記に移転いたしました。 中堅・ベテラン層のアイデンティティ・クライシスを乗り切らせるには?/前編 | 35 CoCreation(サンゴ コ・クリエーション)合同会社

アンコンシャスバイアスを理解して、真のダイバーシティを目指す!

メンバーと話していても、いまいち何を考えているのかわからない。会議や打ち合わせをしていても、意見がまとまらなかったり、パッとした意見が出てこなかったり…。理由は諸々あるでしょうが、その一つは、もしかするとあなたが持つ“アンコンシャスバイアス”…

自分のチームはどれくらい? “心理的安全性”の測り方と作り方

心理的安全性とは? Googleが自社のマネジメントに取り入れたとして注目を集めるようになった“心理的安全性”。 平たくいえば、「何を気にすることなく言いたいことが言える」状態のことですが、「心理的安全性のある組織」と聞くと“仲良し集団”などと捉えら…

このままではダメ?マネージャーに今、求められる「コーチング」

管理するだけの人になっていませんか? マネジメント(management)は、英単語を直訳すると「管理」や「経営」という意味を持ちます。ですが、マネジメントの始祖ドラッガーの定義では、「組織に成果をあげさせるためのもの」であり、マネージャーは「それに…

KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから                                                                                第4回「焼け石に水」な制度改変に終止符を打つ-体感型の人事評価制度を作るには

// 本記事は、KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから 第4回 「焼け石に水」な制度改変に終止符を打つ-体感型の人事評価制度を作るには、より転載を行っております。*1 私が暮らす茨城では、秋らしい食材である栗や…

KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから                                                   第3回 「森を見すぎて木を見ず」に要注意:ヒューマン・キャピタル・マネジメント編

// 本記事は、KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから 第3回 「森を見すぎて木を見ず」に要注意:ヒューマン・キャピタル・マネジメント編より転載を行っております。*1 先週末は伊豆大島へ行きました。実のところ、…

部下が自走する! サーバントリーダーシップの特徴

職場での責任が増し、リーダーシップを発揮してメンバーを引っ張っていかなくては!と思って頑張っていても、「何か空回りしている」「メンバーの覇気がない」などと感じたことはありませんか? もしかすると、それは引っ張っていくのではなく、支えていくリ…

コロナ禍でも進む障害者雇用。 いま求められる合理的配慮とは?

厚生労働省の調査によれば、2020年6月1日時点の民間企業における雇用障害者数は57万8,292人で、前年比の3.2%増、実雇用率も2.15%で前年比の0.04ポイント増となりました。このように、雇用者数は過去最高を更新しましたが、一方でその伸び率は鈍化傾向に。法…

「働きがい」ってなに? イキイキ働ける組織づくりの秘訣とは?

「働きがい」のある会社ってどんな会社? 「働きがい」と聞いて頭に浮かぶことはどういったことでしょうか? 「社会や会社に役に立っている」「自分の望む生活を手に入れられている」など、人それぞれにイメージは違っているでしょう。 また、「働きがいのあ…

KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから                                                 第2回 「この指とまれ」の組織開発論:With & Afterコロナの経営者・人事に期待されるミッション編

// 本記事は、KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから 第2回 「この指とまれ」の組織開発論:With & Afterコロナの経営者・人事に期待されるミッション編より転載を行っております。*1 「こんにちは。お元気ですか。…

予測不能な VUCA 時代に必要なキャリアの描き方 〜ソフトバンク人事部長に学ぶ、キャリアの “波乗り” のコツ〜

一社で長く働くことが「正解」でも「当たり前」でもなくなった今、キャリアの描き方は多種多様になりました。岐路に立つ機会が多い時代だからこそ、「何を基準に、どう人生を泳いだらいいのか」が分からないビジネスパーソンも多いのでは? ソフトバンクで採…

多様性の時代だからこそ自分らしさを追求し一歩踏み出そう 〜気鋭の若手社長に学ぶ、 “はみ出す” 勇気〜

東大からマッキンゼー、レアジョブ、ライフネット生命を経て、パンツ屋の社長へ。男性用下着メーカーTOOTで社長を務める枡野 恵也さんは、異色にも思える変幻自在なキャリアを歩んできました。ですが、そこにあるのは一貫した確かな軸。お話からは、自分らし…

KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから                                                                             第1回 「言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ」:リモートワーク編

// 本記事は、KEIEISHA TERRACE連載:戦略HRBPから見た、人・組織・事業・経営の現在&これから 第1回 「言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ」:リモートワーク編 より転載を行っております。*1 「言うべきか、言わざるべきか、それが問題だ」:リモ…

HRの変革が事業を伸ばす! いま求められる「本質を問う力」とは

事業の成長に貢献するHRとは――。 ビジネスにおいてHRが果たす役割に期待が高まっています。さまざまなHR手法が取り入れられるようになりましたが、日本電気株式会社(NEC)でグローバル人事部長を務める工藤 司さんが投げかけるのは、手法論以前に「本質を問…

コロナ禍で見る組織の変化!「チームワーク」のあるべき姿

新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけに高まる、リモートワークの重要性。新しい生活様式に合った柔軟な働き方をするためには、組織の「チームワーク」が欠かせません。 そこで今回は、Withコロナを乗り切る企業が考えたい、チームワークのあるべき姿を…

成長する事業に欠かせない「グロースチーム」の存在と役割

プロジェクトをはじめたものの、何だかうまくいかない……。そのお悩みは、社内人材で構成された「グロースチーム」が解決してくれるかもしれません。 そこで今回は、Facebook社の目標を達成させた「グロースチーム」の存在と活用方法についてご紹介します。 …

Withコロナをきっかけに見直したい!【採用戦略の方向性】

昨今のコロナ時勢により、採用活動にも大きな影響を及ぼしているといいます。 新時代が訪れた今、採用においてどのようなポイントを重視するといいのでしょうか。採用活動の方向性についてご紹介します。 Withコロナ時代、採用の方向性を見直すべき? 社会全…